居酒屋うどんそば
2020/11/04 12:41
あわわ編集部

《藍住町/蕎麦 肴 酒 さらざん》酒場に通わせる”目当てのアテ”!海老烏賊入り自家製しゅうまい柚子胡椒添え

「大将、いつものあれで!」というと、大将がニヤッと「お客さん、わかってましたよ」という顔ですぐに出してくれる。

これこれ、待ってましたよ!店に来ると無性に食べたくなる、この店ならではの逸品。来店のたびに必ず注文しているので、大将にも覚えられてしまった。おいしいお酒は、アテと一緒に嗜んでこそ本領発揮するのだよ。。

…そんなオトナな酒飲みに憧れるだわわです。
おいし~いアテと一緒に粋な酒の楽しみ方ができちゃう酒場を紹介しちゃいますよ!

名物の一品にスポットライトを当てて紹介していく”目当てのアテ”シリーズ第5弾。
これがあるから通っちゃう!

蕎麦 肴 酒 さらざん/板野郡藍住町


”目当てのアテ”はこれ!
あふれんばかりの海鮮が口の中で踊り出す

[海老烏賊入り自家製しゅうまい柚子胡椒添え]890円(税抜)

《藍住町/蕎麦 肴 酒 さらざん》酒場に通わせる”目当てのアテ”!海老烏賊入り自家製しゅうまい柚子胡椒添え

▲ごろごろと入ったエビとイカの食感がたまらない♡

『さらざん』と聞けば、そばを想像する人が多いかもしれませんね。しかしながら、今回はそばに勝るとも劣らないアテを紹介します!本当に名作ぞろいで、どれを食べても秀逸すぎて食べるたびに唸ってしまいます…!写真のしゅうまいは、こんなにぜいたくな逸品があるのかと、一口食べたら感動することを保証しましょう◎

1口目は何も付けずに。まず、ごろごろと入ったエビとイカの食感が至福。もはや肉よりも量が多いんじゃないかと思うくらいの存在感。そして噛むほどに肉、海鮮、ニラの味が変わるがわるに顔を出してくる。2口目は添えられた柚子こしょうでいただく。ピリッとしたアクセントが心地よい。中の豚肉をまれに鴨のしゅうまいにすることもあるそうなので、出会えればラッキーですよ!

ここにも注目!
ワインもすすんじゃう!アイディア溢れる料理たち

《藍住町/蕎麦 肴 酒 さらざん》酒場に通わせる”目当てのアテ”!海老烏賊入り自家製しゅうまい柚子胡椒添え

▲[チーズ入り黒米リゾットコロッケ]は800円。

そのほかにも、アイデアと丁寧な仕事ぶりが詰まった料理ばかり。写真の、中身が真っ黒な揚げ物は、ヘルシーな黒米とチーズを使ったコロッケ。リゾット風に仕上げた黒米のプチプチとした食感はきっとクセになりますよ。春巻きにはふんだんにゴルゴンゾーラチーズが詰め込まれており、ハチミツと黒こしょうも相まって、赤ワインが進む進む。

《藍住町/蕎麦 肴 酒 さらざん》酒場に通わせる”目当てのアテ”!海老烏賊入り自家製しゅうまい柚子胡椒添え

▲[ゴルゴンゾーラのクリーム揚げ春巻き]は750円。

そして、そこそこ食べた後オーダーされることが多いというのが、鶏レバーのムース。パサつきとは無縁のなめらかさで、おいしいのはもちろんだが、見た目の美しさにもうっとり。

また、串も絶対にオーダーすべき!鴨や自家製ベーコンといった具の大きくて噛むたびに幸せを感じられます…。メニューは絶えずアップデートするそうで、今あるメニューがなくなるのは惜しいけれど、新しい一品の登場も待ち遠しいですね!

《藍住町/蕎麦 肴 酒 さらざん》酒場に通わせる”目当てのアテ”!海老烏賊入り自家製しゅうまい柚子胡椒添え

▲[鶏レバーのムース バゲット添え]は600円。

気になる料理がありすぎていろいろ食べてしまいますが、そばも食べるのを忘れないように!厚削りのソウダガツオから取る江戸前風のキレのあるだしと、温は挽きぐるみ、冷は粗挽きと打ち分ける二八そばは店の代名詞。

「何かひとつ、長く追求できるものをメニューに置きたいと思ってはじめたんです」と店主の前田さん。シメにそばを食べるのが『さらざん』の正しい楽しみ方ですよ!

《藍住町/蕎麦 肴 酒 さらざん》酒場に通わせる”目当てのアテ”!海老烏賊入り自家製しゅうまい柚子胡椒添え

▲落ち着いて料理を楽しめるカウンター。

※この記事は、2019年12月号Geenで掲載した内容です。

蕎麦 肴 酒 さらざん

  • 住所/ 藍住町 矢上北分68-4
  • 電話/088-678-9824
  • 営業時間/ 18:00~23:00(22:00LO)
    備考/金・土・日は11:30~ 14:00LOも営業
  • 定休日/月
    その他休業日/1/1・2は休
  • 駐車場/4台
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

徳島イベント情報 めぐる、ONLINE SHOP ほんね発散バラエティ そこまで言ってくれて委員会!? こおりクリニック 富士住設 勝瀬歯科医院 きりの歯科クリニック

おすすめ


  • 【2022年10月再オープン/麺家れもん徳島駅(徳島市寺島本町西)】徳島の「駅そば」が復活。本格!祖谷仕立てそばやご当地グルメを駅構内で楽しもう


  • 【(2022年10月オープン )/うどんと創作料理 くらふと(三好郡東みよし町)】昼と夜で顔が違い、メニューも個性派ぞろい! シェフが営むクセスゴなうどん店


  • 《冷たい麺 レシピ》簡単! おいしい! 夏にぴったり 自宅で冷たい麺料理 厳選5選!


  • 《まとめ》昔よく連れて行ってもらったお店は今も変わらず。徳島県民の懐かしの一品6選


  • 《吉野川市/自家製麺 吉野川製麺所》これは必食! 格が違う名店の傑作うどん。夏になると思い出すのです


  • 【2022年11月オープン /笑みくる(徳島市安宅)】お祭りの屋台のように気軽に立ち寄れるテイクアウト専門店