ラーメングルメ
2021/02/03 09:00
のんの

【2020年12月OPEN】阿南市「麺場 水や」32年に渡り和食を追求してきた料理人が、ラーメンという新たなステージでその技術とセンスを注ぎ込む

徳島県内の“今”を感じるニュー&リニューアルオープンの新店や出来事&人系の街ネタトピックスを紹介する『みっけ』取材したてホヤホヤの最新情報をお届けします。毎月25日発行のあわわfreeとあわせてチェック!



【2020年12月OPEN】阿南市「麺場 水や」32年に渡り和食を追求してきた料理人が、ラーメンという新たなステージでその技術とセンスを注ぎ込む

芳醇な香りを漂わせながら、一杯のラーメンが目の前に。

[しょうゆらぅ麺](小・700円)。

まずは琥珀色のスープをひと口。

角が立たずまろやかで深い旨み、そしてほんのりと甘みが広がる。

脂っぽさは皆無。
極上のお吸い物を飲んでいるような、どこまでもやさしく滋味深い。
最後の一滴まで飲み干しても、喉の乾きはなく、むしろ口に漂う余韻さえ「終わらないでほしい」と思うほど。

このために選びぬいた生麺と、時間をかけてじっくりじっくり煮込み、箸で持てないほどトロットロに仕上がった自家製チャーシュー。
そして鰹節に三つ葉を添えて。

ああ、うまく言葉にできない自分がもどかしい!
自分の中の詩的センスをもってしても形容しがたいほどにおいしい。。

そんな極上ラーメンを作っているのは、32年板場に立ち、数多くの美食家を唸らせてきた日本料理人。

阿南で多くのファンを持った和食店を一度閉め、新たにラーメン店としてオープンした。

【2020年12月OPEN】阿南市「麺場 水や」32年に渡り和食を追求してきた料理人が、ラーメンという新たなステージでその技術とセンスを注ぎ込む

この外観に覚えのある人も多いはず。

【2020年12月OPEN】阿南市「麺場 水や」32年に渡り和食を追求してきた料理人が、ラーメンという新たなステージでその技術とセンスを注ぎ込む

麺場へと生まれ変わりました。

【2020年12月OPEN】阿南市「麺場 水や」32年に渡り和食を追求してきた料理人が、ラーメンという新たなステージでその技術とセンスを注ぎ込む

感染症対策もばっちりの店内。

趣のある骨董品、心に響く言葉をしたためた書など、和食時代と変わらぬ空間。

醤油のほか、地元野菜のトッピングを使った[豚骨らぅ麺](小・650円)もぜひ。

【2020年12月OPEN】阿南市「麺場 水や」32年に渡り和食を追求してきた料理人が、ラーメンという新たなステージでその技術とセンスを注ぎ込む

サイドメニューも秀逸。写真は[チラシ寿司](250円)。やわらかなゆず酢の風味で人気。持ち帰りも可能。

平日のお昼どきのみの営業ながら、連日県内各地から足を運ぶほど人気店に。

唯一無二のラーメン、ぜひ味わってほしい。

これまでの技術と経験を注ぎ込んだ一杯は、さながら極上の和食として定義したい。

麺場 水や

  • 住所/ 阿南市津乃峰町長浜 250-17
  • 電話/0884-28-0032
  • 営業時間/11:00~潮時
  • 定休日/土、日
  • 駐車場/30台
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

出産祝いにおむつ×お寿司 めぐる、ONLINE SHOP すきま時間に小遣い稼ぎ きりの歯科クリニック こおりクリニック 富士住設 勝瀬歯科医院

おすすめ


  • 《まとめ》徳島のお取り寄せグルメ2020!通販・お土産サイト(2020/9/7更新)


  • 【2022年11月オープン/麺屋KAIDO(カイドウ・阿南市宝田町)】独学で極めた本格博多ラーメンを堪能!


  • 【2022年10月オープン/バナナライフ 徳島アミコ店(徳島市寺島本町西)】徳島初進出! 厳選したバナナをこだわり熟成した絶品バナナジュース


  • 【2022.11月OPEN】徳島市末広に複合施設がオープン!スープ専門店jimi soup(ジミスープ)&オーダーフレグランス専門店THE NOTE BAR(ノートバー)


  • 【期間限定グルメ/こだわりの創作ハンバーグのお店 G.Mベレッタ/洋食 元】食欲の秋に贈る絶品ハンバーグ! 「あわわのアプリ」ユーザー限定のお得なクーポンもあるよ


  • 【2022年10月オープン/Lunch gatto(ガット・徳島市川内町)】味・ボリュームともに女性ユーザー高めのランチ専門店がお目見え!