徳島ヴォルティス
2023/02/24 10:00
あわわ編集部
【徳島ヴォルティス】早くも昨年の天皇杯王者と激突! 初勝利を目指せ

【徳島ヴォルティス】早くも昨年の天皇杯王者と激突! 初勝利を目指せ

ついに、先週Jリーグが開幕!

徳島ヴォルティスはホームで大分トリニータと対戦した。

前節の振り返り


前半をスコアレスで終えた後の後半、試合はいきなり動いた。左からのクロスが起点になったシュートがヴォルティスのDFにひっかり、ボールはミドルレンジを転々。すると大分のMF野村が左足を振り抜き、元チームメートに手痛い先制点を奪われる。

さらに大分の猛攻が続き、後半19分に放ったシュートはエリア内にいた徳島のMF櫻井の手に当たったとしてPKを献上!

しかし、柿谷を中心とした徳島側の選手の抗議によって、主審が副審とジャッジを確認。その結果、ノーファウルとなりPKの判定は取り消しとなった。

さらに、大分のFW宇津元のFKからMF藤本が押し込んだ場面もあったが、これはオフサイドの判定で再び首の皮一枚つながる。

そんななか、試合終了間際にヴォルティスが意地を見せる。

この日、右サイドバックとしてサプライズ起用されたサンデーが縦にボールを入れ、途中出場のFW坪井がシュート! 相手選手に当たったボールは山なりの軌道となるが、山形のGKがなんとギリギリでかきだすことに成功。こぼれた先にいたのは徳島のFW西野。右足で放たれた一閃は一度は阻まれるも、2撃目でゴールをとらえた。

これで試合は振り出し。アディショナルタイム5分で逆転を狙う。

しかし、反撃の機運もつかの間。再びセットプレー後の混戦から2点目を奪われ、1-2で残念ながら初戦を落とした。

編集部の考えるポジ要素
・これまでのケガの影響が懸念された柿谷。体力も回復し、フル出場も問題なさそう。
・昨シーズンと比べて、縦の楔のパスが増えてより攻撃的になった印象。
・西谷が今年も西谷してて安心した。後半も運動量豊富で本当に頼りになる。


編集部の考える不安要素
・サンデーのサイドバックは推進力があって面白いが、穴になるケースが多かった。櫻井がおりてカバーしていたが、中盤で試合にからめる機会が少なくなっていた。
・縦の楔のパスが起点となって左右から効果的な攻撃ができていたが、提供する側と決める側でまだ感覚のズレが目立った印象。

第2節はアウェイ VS ヴァンフォーレ甲府


次回の対戦は、明日2月25日(土)13:00

アウェイでヴァンフォーレ甲府と対戦する。

ヴァンフォーレ甲府といえば、そう昨年の天皇杯の覇者で!

約2週間ほど前に行われた『FUJIFILM SUPER CUP 2023』では、J1王者の横浜Fマリノスと1点差の激闘を繰り広げた競合チームだ。

基本的なフォーメーションを今年から4-2-3-1に変更。

左サイドの顔ぶれがフレッシュで、ここ2試合は左サイドバックを三浦、左サイドハーフを水野と大学を卒業したばかりの2人が務めている。

センターバックのエドゥアルド・マンシャは、恵まれた体格を活かした空中戦を得意としているほか、ビルドアップ能力も高く非常に怖い存在。

そして最前線はおそらく、今節も類まれなゴール嗅覚を持つピーター・ウタカが務めることになるだろう。

ヴォルティスはどう戦う!? 予想フォーメーション


甲府の採用する4-2-3-1は、ポゼッションを高めながらサイドを有効活用して試合を進めるられるフォーメーション。

中盤に5人の選手を配置できることに加え、サイドのスペースはサイドバックが駆け上がって攻撃に厚みを持たせることも可能だ。

ビルドアップも組み立てやすく、ドイツの強豪・バイエルンはこのフォーメーションで得点を量産している。

選手に激しい上下運動が求められるので、良くも悪くもスタミナが肝。

例えば前節。先に紹介した甲府の左サイドの大卒コンビは鋭い切り込みが何度もあり、攻撃面では持ち味を存分に発揮していたが、守備の面でまだ不安な場面が見られたほか、スタミナの問題からか後半は前半ほどの存在感を出せていなかった。

甲府の左サイドは強みでもあり、付け入る隙でもあるかもしれない。

そうなってくるとポイントとなってくるのがヴォルティスの右サイド。

編集部で予想したスタメンは
GK スアレス
DF 田向 カカ 安部 外山 
MF 白井 杉本 西野 柿谷
FM 西谷 渡

前節ゴールを決めた西野は右のサイドハーフで。前を向いて仕掛ける時のドリブルやスピードには目を見張るものがあり、その特徴を安心して活かすために右サイドバックにはベテランの田向、ボランチには白井を配置した。

前節存在感を発揮した柿谷は引き続くトップ下で、前線2枚は西谷と渡の経験豊富な復帰組。甲府のワントップをウタカだと仮定すると、FWのプレッシングが重要になるので運動量豊富な西谷はもちろん、一度徳島を去ってから守備の意識が変わったとインタビューに答えていた渡にも期待したい。

今年のスローガンのとおり果敢に立ち向かい、天皇杯王者から白星をもぎ取ってほしい。

スマホへのインストールはこちらから

2024年最新版 徳島のフィットネスジムまとめ 自分に最適なフィットネスジムが見つかる 2025年度 新一年生のラン活 とくしまのランドセル販売店リスト 徳島のイベント情報。WEB掲載無料 勝瀬歯科医院 きりの歯科クリニック こおりクリニック 富士住設

おすすめ


  • 【3月19日配布開始】あわわ最新号・2024年4月号! 「クラブ誕生20周年イヤー徳島ヴォルティス始動」「豪快にすすれ! 徳島のラーメン」「最後まで自分らしく終活のすすめ」「話題の新店・街ネタ」and more!


  • 【徳島ヴォルティス・インタビューあり】今季初勝利を目指して 3月2日(土)【AWAY】VS 鹿児島ユナイテッドFC


  • 【徳島ヴォルティス・インタビューあり】2024シーズン開幕! 2月25日(日)【HOME】VS ヴァンフォーレ甲府


  • 【徳島ヴォルティス】2024シーズン 新体制発表会開催! いよいよ20周年メモリアルイヤーが幕開け


  • 【徳島ヴォルティス】慣れ親しんだエンブレムを胸に、最後の戦い! VS ブラウブリッツ秋田


  • 【徳島ヴォルティス】2023シーズンホーム最終戦! 石井選手は引退を発表