インタビュー
2023/03/16 18:00
まっつん
【インタビュー】デビュー10周年イヤー突入! 上野優華さんが4年ぶりにフルアルバムをリリースし、3月26日(日)に故郷・徳島でミニライブ&サイン会開催

【インタビュー】デビュー10周年イヤー突入! 上野優華さんが4年ぶりにフルアルバムをリリースし、3月26日(日)に故郷・徳島でミニライブ&サイン会開催

徳島出身の歌手・上野優華さんが3月22日(水)に4年ぶりのフルアルバムとなる『恋愛シグナル』をリリース。
コロナ禍以降行えていなかったリリースイベントも久々に復活し、3月26日(日)に徳島へやってくることになったよ♪

そしてつい先日! そのお知らせをかねて上野さんが『あわわ』に!

今回のアルバムについてや、目前に迫ったデビュー10周年のことについてたっぷり話を聞いたよ。

【インタビュー】デビュー10周年イヤー突入! 上野優華さんが4年ぶりにフルアルバムをリリースし、3月26日(日)に故郷・徳島でミニライブ&サイン会開催

Q.7月デビュー10周年を迎えますが、今の心境は?


「昨年の7月からの1年をデビュー10周年イヤーとして、精力的に活動してきました。個人的には「あっという間にかけ抜けたな~」という感じです(笑)。先輩のアーティストさんに「10年なんてあっという間よ」と言われたときがあったのですが、当時の私は「そんなわけないでしょ!」と思ってたんですが、いざ自分が10年を迎えるぞ!ってなると、先輩の言葉は正しかったんだなと思いました。あと15歳でデビューしたときは、「25歳の上野優華はさぞ素敵な大人のレディになっているだろう」と妄想を膨らませていたのですが、意外とそうでもなかったというか中身はあのときのまま⁉

Q.「あのときのまま」というのは?


「こういう歌を作りたい」「この人に曲を作ってほしい」「こんなことしたい」といったリクエストが多いですね。そのたびに大人を振りまわしていますね(笑)。同じことを続けることも大事だと思うんですが、どんどん新しいことにチャンレンジしたいタイプで、思いついたらどんどん発信しています。ときには大きな試みもありますが、ファンの方々にそのときそのときの等身大の私を知っていただけるので、その部分は落ち着き過ぎずでよかった!

Q.10年の歌手活動というのは、一つの目標としてデビュー当初からあったのですか?


とんでもない! こんなに長く続けられるとは思っていませんでしたよ。私は少し飽きっぽい性格でしたし、アルバイトの一つもしたことがなかったので仕事との向き合い方なんて…。それはそうですよね。15歳なんてまだ子どもですよ! なんか歌を歌えることになったらしい、今度は写真を撮るらしい、取材を受けるらしい。目の前のことに精一杯で、目標はもてていませんでした。

意識が変わったのは、17歳のときに行ったバースデーワンマンライブ。はじめてチケットを“購入”いただいて、自分を目当てに来てくださるファンの皆さんの前で歌ったときですね。もちろんそれまでも歌手としての自覚はあったのですが、“上野優華として人生を歩んでいこう”と目標を明確に決意することができました。

Q.上野さんからみて今回の『恋愛シグナル』はどんなアルバムに仕上がっていますか?


全体的なバランスをみて、「今までと全く違うものを作れたな」と思います。デビュー10周年を目前にリリースするというのも想いとして大きいですし、プライベートで大きな変化もありました。これまでは自分の声だったり表現の仕方だったりにハマるものをチームで選んで、あくまでその範囲内でチャレンジするスタイルが多かった私ですが、今回はandropの内澤さんやNakamuraEmiさんをはじめ「私もこういう世界感取り入れてみたいな~」というわがままをカタチにしてもらった感じで、新鮮な出会いを提供できるのではないかなとワクワクしています。遊び心があるというか、これからの上野優華に期待感を持ってもらえるような作品です。

Q.今回のフルアルバムの話はいつ頃からあったのですか?


2021年の年末頃からですね。今回アルバムにも収録されている『ジャスミン』が2022年の3月にリリースされたのですが、この楽曲じたいもアルバム入りを想定して制作しました。

3曲目の『恋をしました。あなたに』はandropの内澤さんに作詞・作曲をお願いしたのですが、ずっと前から実は考えていたことで、「10周年の節目だし思い切って」と話を持っていったところ、なんと快諾くださりびっくり! 内澤さんは魔法のような素敵な言葉を生み出す方。私の恋愛をテーマにした楽曲は悲しいものや切ないものが多かったのですが、今回はキラキラしたフレーズにのせて動き出す恋が表現されています。

対して7曲目の『チョコかアイス』は、力強く生きる女性をテーマにした楽曲を得意とされているNakamuraEmiさんに楽曲提供をオファーして完成した“究極の2択”を題材にした作品。社会に出ると小さなことから大きなことまで、選択を迫られることが多くあると思います。そんな時私が憧れるのは、自分の意思をしっかりもって道を進める女性で、それがNakamuraEmiさんでした。誕生した楽曲をひっさげ、私の言葉でファンの皆さんの前で歌うことで、上野優華としてまた一歩成長できるのではないかと期待しています。

Q.今回は久々にリリースイベントがあるようですね?


はい、そうなんです‼

徳島には3月26日(日)に帰ってきます。

会場は藍住町の『ゆめタウン徳島 1Fセントラルコート』で、①13時~と②16時からの2回に分けて行います。


当日CDを購入いただけると、サイン会に参加していただけます。

コロナ禍になって予定していたイベントを中止せざるを得ない状況になってしまったので、4年ぶりのリリースイベントになります。

CDにサインをしたり、ファンの方々と交流したりするのがモチベーションの一つだったので、私自身とても感動していますし、今から張り切っています。ぜひ遊びにきてください。よろしくお願いします♪


リリース情報


【インタビュー】デビュー10周年イヤー突入! 上野優華さんが4年ぶりにフルアルバムをリリースし、3月26日(日)に故郷・徳島でミニライブ&サイン会開催

『恋愛シグナル』初回限定盤[CD+Blu-ray]7,000円(税込)

【インタビュー】デビュー10周年イヤー突入! 上野優華さんが4年ぶりにフルアルバムをリリースし、3月26日(日)に故郷・徳島でミニライブ&サイン会開催

『恋愛シグナル』通常盤[CD]3,500円(税込)

3月22日(水)『恋愛シグナル』リリース!

【CD 全10曲収録】
1. ジコアイキセイ
作詞作曲:秋元リョーヘイ
2. imu
作詞作曲:ヨシダタクミ(saji)
3. 恋をしました。あなたに
作詞作曲:内澤崇仁(androp)
4. Cinema
作詞:上野優華 作曲:信政誠
5. そうゆうとこ。
作詞:山崎あおい・上野優華 作曲:山崎あおい
6. フラッシュバック
作詞:上野優華 作曲:横井香菜
7. チョコかアイス
作詞作曲:NakamuraEmi・カワムラヒロシ
8. Amber
作詞:上野優華 作曲:松室政哉
9. ジャスミン
作詞:上野優華 作曲:山崎あおい
10. 分かってくれない
作詞:上野優華 作曲:高木大丈夫


【Blu-ray 全17曲収録】
上野優華 ONEMAN LIVE TOUR 2022
~冬の夜長と片想い~
SHIBUYA duo MUSIC EXCHANGE 2022.11.15
1. 好きでごめん
2. 会いたくない、会いたい
3. こっちをむいて 
4. 今日も君でした
5. ユキノウタ
6. 普通の恋がわからない
7. 好きが残った 
8. チョコレート
9. おぼろ月の夜に
10. あなたの彼女じゃないんだね 
11. メロンパンのうた
12. ジャスミン
13. I WILL LOVE
14. 幸せ
15. 好きな人
-encore-
16. ジコアイキセイ
17. 愛しい人、赤い糸

リリースイベント情報


3月21日(火・祝)HMVエソラ池袋 ①13:00 ②16:00

3月24日(金)タワーレコード横浜ビブレ店 19:00

3月25日(土)タワーレコード池袋店 13:00

3月25日(土)タワーレコード錦糸町パルコ店 18:00

3月26日(日)ゆめタウン徳島1F セントラルコート ①13:00 ②16:00

「恋をしました。あなたに」Music Video


スマホへのインストールはこちらから

[4/20~6/19までガソリン割引] 徳島石油とコラボキャンペーン [2024年最新版] 徳島県内のサーブショップまとめ おすすめのサーフポイントも [2024年最新版] 徳島県内の藍染め体験施設まとめ きりの歯科クリニック こおりクリニック 富士住設 勝瀬歯科医院

おすすめ


  • 【徳島・イベント・インタビュー】6月1日(土)にデビュー25周年記念コンサート開催&ピアノ弾き語りライブ集発売! 皆谷尚美さんインタビュー


  • 【徳島ヴォルティス・インタビューあり】今季初勝利を目指して 3月2日(土)【AWAY】VS 鹿児島ユナイテッドFC


  • 【徳島ヴォルティス・インタビューあり】2024シーズン開幕! 2月25日(日)【HOME】VS ヴァンフォーレ甲府


  • 祝!絵本作家デビュー 雪見ゆき さんインタビュー


  • 【アーティストインタビュー】Z世代を代表するシンガー&ソングライター・坂口有望(さかぐちあみ)インタビュー


  • 【あわわインターンシップ】現役大学生が取材・同世代に伝えたい! 地域活性化の取り組み 『十九番 寺市』