スポーツ徳島ヴォルティス
2023/04/22 12:01
あわわ編集部
【徳島ヴォルティス】前節大敗の徳島にまたも試練…組長こと大槻監督率いる好調ザスパが牙を向く

【徳島ヴォルティス】前節大敗の徳島にまたも試練…組長こと大槻監督率いる好調ザスパが牙を向く

開幕から10試合未勝利。

いまだ出口の見えないトンネルに迷い込んでしまっている『徳島ヴォルティス』。

前々節、前節と2試合続けてホームの熱い声援を追い風に戦ったものの、VS水戸(0-2)、VS長崎(0-4)と最後まで押しきれず、逆に複数失点で選手もサポーターも心を折られてしまう。

傷が十分にいえきらぬなか、明日からは2試合続けてアウェイ戦。

初戦は組長こと大槻監督率いる難敵『ザスパクサツ群馬』と対戦する。

前節の振り返り


ファンマ、カイオ セザール、クレイソン…

事前の記事でも取り上げていたように、長崎は強力なブラジル人助っ人をスタメンに並べ、個の突破力やテクニックで強力なカウンターをしかけ徳島のゴールに襲い掛かる。

対する徳島は、FW西谷とFW森のツートップで、その下にFW柿谷、2列目にはMF杉本とMF玄、アンカーMF白井、最後尾はDF外山、DFカカ、DF内田、DF浜下、GKにはスアレスが戻ってきた。

ホイッスル直後こそミスで長崎に決定機を作られたものの、保持の時間は圧倒的に徳島で序盤の入りは徳島が優勢。

前半5分、前半21分と惜しいシュートが続く。

しかし、ここまでの不調の流れがあるのか、前半26分に相手GKのゴールキックから右サイドを軽快なパスであっという間にに駆け上がり、最後はMF笠柳が速く低い弾道のクロスをDFの裏のスペースに入れ、FWファンマが的確に押し込む。

この間、わずか20秒。

長崎はスイッチが攻撃に切り替わってからの流れが驚くほどはやい‼

一瞬たりとも気が抜けない試合であることを理解した。

前半36分にはMF玄のうまいかわしからFM森に決定機が訪れるが、相手DFの即座の反応でコースを絞られてしまい空砲に終わる。

試合はこのまま前半が終了し、1点ビハインドで折り返す。

まず同点に追いつきたい徳島であったが、後半の風はあいにく強い向かい風。

逆に長崎が追い風を味方につけて、攻撃を加速させる。

後半10分、長崎左からのコーナーキックのチャンス。

徳島はしっかりディフェンスを整えていたが、ショートコーナーによるわずかな変化に対応することができず、DF櫛引に追加点を奪われてしまう。

スコアは0-2。

不調の徳島にとっては痛すぎる。

徳島はボール保持こそ上回っているものの持たされている感じで、後半中盤以降は目立ったチャンスを作れない。

それどころか試合終了間際に、またしてもDF櫛引に頭で決められ0-3。

その2分後にも鮮やかなカウンターで4点目を奪われてしまいこれで万事休す。

2023年ワーストの4失点で、上位陣との違いを見せつけられてしまった。

リーグ屈指の熱量と戦術! 大槻監督のもと生まれ変わったザスパ


徳島と同じ2005年にJ2に参入したザスパだが、これまでの歩みは順風満帆ではなかった。

初年度の12位にはじまり、上位どころかなかなか二桁順位を脱することができず、2017年には年間22位でまさかのJ3降格。

なんとか2年でJ2の舞台に返り咲いたものの、20位、18位、20位とポテンシャルを発揮できないまま今シーズンを迎えた。

ところがJ2復帰4年目の今年は10節を消化した時点ですでに5勝と何かが違う!

好調の要因はいくつも考えられるが、しいてあげるなら大槻毅監督の存在が大きいだろう。

大槻監督といえば、サッカー好きな人たちには説明不要。

いわずと知れた浦和の組長(浦和の監督時代オールバックに背広というイカツイ風貌でいろんな意味で恐れられた)である。

現在はあのときと風貌からだいぶまるくなったものの、腕組みをしながら敵味方とわずチームを鋭く観察する大槻スタイルは健在。

徹底した分析で相手のストロングポイントを封じ、自軍のペースに持ち込む。

また、選手をうまく乗せるモチベーターとしても才を発揮。

第8節では個人技を持つ選手を揃える長崎に対して、ピッチサイドから声を出して力強く鼓舞。

「チャンスは少ないかもしれないが最後までしっかり我慢していれば、いずれそのときは訪れる」。

ワンチャンスを選手がモノにして、2016年以来勝てていなかった苦手な相手から勝ち点3をもぎ取っている。

「勝っていても負けていても同点でも、どんなに苦しい状態でも戦いなさい、走りなさい」
「もっとできる。俺はお前に期待しすぎか」
など

そのほかにも名言多数。(詳しくは「大槻監督 名言」で検索)

それに加えて就任2年で、高度な戦術がようやく選手たちに定着。

水を得た魚のように躍進が止まらない!

徳島とはまるで状況が正反対。

苦しい戦いになることはまず間違いないだろう。

徳島はどう戦うのか⁉


ザスパの基本フォーメーションは4-4-2。

長崎戦と同じように自陣でしっかりとブロックを固め、カウンターを狙っていく戦術が想定される。

徳島はここまでボールを持たされる試合で、あまり良い結果を残せていない。

クラブとラバイン監督が目指すスペインのティキ・タカ(ショートパスをつなぎ、複数のパスコースを確保しつつオフ・ザ・ボールの選手の動きによってゴールへの道筋を作る)の真価を発揮できれば、好調ザスパも焦ってくれるはずだが、果たして⁉

徳島のフォーメーションは4-3-3と予想。
GK スアレス
DF ルイズミ ケサダ、カカ、内田、浜下
MF 白井、杉本、児玉
FM 西谷、渡、杉森

左SBは前節途中出場のDFルイズミ ケサダが切れの良い動きを見せていたので、今節のスタメン出場に期待が高まる。

最後まで押し込むために攻撃にアクセントがほしいところなので、オーバーラップやクロスでどんどんチャンスを創出してもらいたい。

試合は明日4月23日(日)14時キックオフ!

スマホへのインストールはこちらから

[4/20~6/19までガソリン割引] 徳島石油とコラボキャンペーン [2024年最新版] 徳島県内のサーブショップまとめ おすすめのサーフポイントも [2024年最新版] 徳島県内の藍染め体験施設まとめ きりの歯科クリニック こおりクリニック 富士住設 勝瀬歯科医院

おすすめ


  • 【5月17日配布開始】あわわ最新号・2024年6月号! 「揚がる↑↑ \ZOURYO/」「話題の新店・街ネタ」「bibibi」「定食データバンク」and more!


  • 【4月19日配布開始】あわわ最新号・2024年5月号! 「温泉の絶品グルメ」「ガソリン割引キャンペーン」「とくしま住まいナビ」「話題の新店・街ネタ」and more!


  • 【3月19日配布開始】あわわ最新号・2024年4月号! 「クラブ誕生20周年イヤー徳島ヴォルティス始動」「豪快にすすれ! 徳島のラーメン」「最後まで自分らしく終活のすすめ」「話題の新店・街ネタ」and more!


  • 【徳島ヴォルティス・インタビューあり】今季初勝利を目指して 3月2日(土)【AWAY】VS 鹿児島ユナイテッドFC


  • 【徳島ヴォルティス・インタビューあり】2024シーズン開幕! 2月25日(日)【HOME】VS ヴァンフォーレ甲府


  • 【徳島ヴォルティス】2024シーズン 新体制発表会開催! いよいよ20周年メモリアルイヤーが幕開け