スポーツ徳島ヴォルティス
2023/05/13 12:15
あわわ編集部
【徳島ヴォルティス】いい流れのまま、今期初のPRIDE OF 中四国ダービーに臨む! VS レノファ山口FC

【徳島ヴォルティス】いい流れのまま、今期初のPRIDE OF 中四国ダービーに臨む! VS レノファ山口FC

直近の3試合で2勝1分と、ようやく本領を発揮しはじめた『徳島ヴォルティス』。

しっかりと得点機会を決めきることができるようになったほか、新戦力のFW森や復帰組のFW柿谷の復調はサポーターにとっても嬉しい話題だ。

いい流れのまま、本日の「PRIDE OF 中四国ダービー」をむかえる。

前節の振り返り


長年得意としている大宮の本拠地に乗り込んだ徳島。

ラバイン監督は今回もやはり3バックを採用。

GKスアレスの前に、DF安部、DF石尾、DF森が並び

その前にMF白井、MF杉本、MF玄

両翼にMF西谷、MF西野

ツートップはFW柿谷とFW森だ。

すると徳島はいきなりチャンス!

DF森からのロングフィードに対して、ゴール前に抜けていたMF杉本が頭で合わせてネットを揺らす。残念ながらオフサイドをとられてしまい先制とはならなかったが、相性の良さは今期も健在か⁉

すると前半12分!MF白井がうまくドリブルで持ち上がりFW森へ。相手選手にすぐ寄せられるもワンタッチで剥がし、フリーになっていたFW柿谷がフィニッシュ。絶好調男がまたも魅せる!

さらに前半22分、DF安部からのロングフィードをまたもFW森がうまくおさめ、今度は自ら右足でゲット! ゴールまで少し距離はあったが勢いよく放たれたシュートは相手GKのブロックをはじき右奥に吸い込まれる。

どちらの得点も今期理想にしていた縦に速い仕掛けからのゴールで、選手の表情からも自信や手応えが見て取れた。

後半は大宮やフォーメーションを変更、プレスの強度を高めてきたため徳島にとっては我慢の時間が続くが、76分にさらにFW森が追加点! 3-0とする。

FW森はスピードがあり、ワンタッチで引きはがせる選手。相棒・FW柿谷とのコンビネーションもここ数試合目に見えてよくなってきている。

今後の得点量産に期待大だ!

終盤に1点を返されるものの、その後も危なげなく試合を運び3-1で勝利した。

新たな監督と目指すプレーオフ圏内! シュートの意識、守備での頑張りなど勝つためのプレーにこだわる


本日対戦するのは『レノファ山口FC』。

徳島としては今期はじめての『PRIDE OF 中四国ダービー』となる。

『PRIDE OF 中四国ダービー』とは…
中四国のJ2・J3クラブとそのホームタウン自治体では「対戦+観光+物産」をキーワードに、様々な連携イベントを実施。2023シーズンも「PRIDE OF 中四国 メダルチャレンジ」と「ハーフタイム抽選会」を中心に実施することが決まっている。

■実施主体
<J2クラブ>ファジアーノ岡山、レノファ山口FC、徳島ヴォルティス
<J3クラブ>ガイナーレ鳥取、カマタマーレ讃岐、愛媛FC、FC今治
<自治体>鳥取県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県の6県並びに関係市

【PRIDE OF 中四国 メダルチャレンジ】
「Club J.LEAGUE」アプリにて各会場で限定QRコードを読み取り、キャンペーンメダルを取得した人の中から、メダルの取得数に応じて6県・7クラブからの豪華賞品(関係各県の特産品)が抽選で当たる。

【ハーフタイム抽選会、観光・物産PR活動】
「PRIDE OF 中四国」の対戦の際に、互いの自治体の特産品をハーフタイム抽選会の賞品とするほか、試合会場にて互いの自治体の観光・物産PR活動を実施する。

また、対戦相手の山口についてだが、現状はリーグ徳島よりも2つ順位が上のリーグ18位。

開幕こそ上々に走りはじめたもののここ7試合勝てておらず、J1昇格プレーオフ圏内を今期の目標に掲げるクラブは数日前に名塚善寛監督の解任を発表したばかりだ。

5月10日からは中山元気コーチが暫定的に指揮をとり、今回の徳島戦がはじめての試合となる。

中山氏は山口がまだ地域リーグ所属だった2013年に同クラブの監督をしていたことがあり、クラブのJFL昇格に貢献。その後U-18を率いて、2019年よりトップチームコーチとして指揮官を支えていた。

暫定監督となった際のインタビューでは、「シンプルに勝つための準備を、今日からスタートさせようと思っています。具体的にどうしようっていうよりかは、物事をシンプルに考えて進めていけたら」と発言しており、勝つために手堅い一手・二手をうってくるものと思われます。

直近では勝てていないものの、データでみると1試合あたり1点はほぼ確実に決めている山口。守備で大崩れしているのも数試合程度で、残りは接戦。守りを固められると右肩上がりの徳島といえど、切り崩しが難しいかもしれない。

徳島はどう戦う⁉


先ほど発表された徳島のスタメンがこちら

GK スアレス
DF 森、石尾、安部
MF西野、白井、杉本、玄、西谷
FW柿谷、森

快勝した大宮戦と同じ布陣だ。

対する山口は3-4-2-1を採用。

中盤でボールを奪い、左右の縦の動きで攻める。

守備時はWBが下がって5バックになり、トップ下の2人もサイドハーフの位置まで下りてきて強固なブロックを形成。

トップ下の選手がウイングのポジション上げっていればカウンターのスイッチも発動しやすい。

「シンプルに戦う」という発言の意図が読み取れる。

ただ攻撃も守備も組み立てが縦の動きになるので、横への揺さぶりに弱い。大宮戦と同じように相手陣内の両サイドのスペースを有効活用して攻めれば得点もみえてくるはずだ。好調の森、柿谷のツートップに期待しよう。

試合はもうまもなくキックオフ!

スマホへのインストールはこちらから

[子どもとおでかけ]徳島|香川|淡路島|ホテル&旅館のごちそうランチ9選 [広告掲載募集]あわわWEB/あわわのアプリに広告を掲載しませんか? [徳島・コーヒー・自家焙煎・まとめ]美味しいコーヒーの淹れ方 こおりクリニック 富士住設 勝瀬歯科医院 きりの歯科クリニック

おすすめ


  • 【6月19日配布開始】あわわ最新号・2024年7月号! 「高校総体トリマクリ2024」「夏を制する!学習塾&オープンキャンパス」「話題の新店・街ネタ」「定食データバンク」and more!


  • 【5月17日配布開始】あわわ最新号・2024年6月号! 「揚がる↑↑ \ZOURYO/」「話題の新店・街ネタ」「bibibi」「定食データバンク」and more!


  • 【4月19日配布開始】あわわ最新号・2024年5月号! 「温泉の絶品グルメ」「ガソリン割引キャンペーン」「とくしま住まいナビ」「話題の新店・街ネタ」and more!


  • 【3月19日配布開始】あわわ最新号・2024年4月号! 「クラブ誕生20周年イヤー徳島ヴォルティス始動」「豪快にすすれ! 徳島のラーメン」「最後まで自分らしく終活のすすめ」「話題の新店・街ネタ」and more!


  • 【徳島ヴォルティス・インタビューあり】今季初勝利を目指して 3月2日(土)【AWAY】VS 鹿児島ユナイテッドFC


  • 【徳島ヴォルティス・インタビューあり】2024シーズン開幕! 2月25日(日)【HOME】VS ヴァンフォーレ甲府