ラーメン新店
2023/05/22 09:00
きよみんご
【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎インスパイアラーメン

板野郡藍住町のテナントが並ぶ一角に二郎インスパイアラーメンが登場した。

太めの麺とガツンとニンニクの香りが効いたラーメンを紐解いてみよう。

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン

二郎インスパイアラーメンとは?


二郎インスパイアラーメンとは、東京で有名な『ラーメン二郎』に影響をうけたラーメンのこと。

豚骨ベースの濃いスープに太めの麺、背脂や茹でた野菜をトッピングしているのが特徴。

『麺の。』で提供されるラーメンもこのスタイルだ。

継ぎ足しで作られるスープは、豚の旨みがしっかりとでている。

スープと一緒に煮込んで作られる煮豚は、厚めに盛り付けられ食べ応え抜群だ。

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン

[ラーメン]に追加トッピングのレアチャーシュー2枚とヤサイ増しのセットで(1,200円)。

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン

おすすめのトッピングは、[レアチャーシュー](1枚・100円)。

低温調理でしっとりと仕上がったチャーシューが優しくスープに絡む。

そのほか、[味付うずら](4個・100円)もあるよ。

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン

2人の師匠から受け継いだ味


店主の丁子さん(ちょうじさん)は、元々大のラーメン好き。

好きが高じて北島町の『中華そば田村』働く道を選んだほか、独自でラーメンの研究もしていた。

ところがある日のこと。田村さんの知人で県外でラーメン屋を営む店主から「丁子君はラーメン好きじゃないね」と、研究の甘さの指摘を受けた。
 
この一言に衝撃を受けた丁子さんは、世界を深めるために休みの日に時間を見つけては県外のラーメン店へ。食べ歩きを重ね、理想の一杯を追い求めていった。

その姿を見ていた『中華そば田村』の田村さんに背中を押され、ついには人気店がしのぎを削る東京へラーメン修行へ。

そこで運命の出会いをすることになる。

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン

東京に出て、1番最初に働いたのが『麺処 篠はら』。あっさり系のラーメンが人気のお店だ。

そこでは、『麺の。』で提供している[レアチャーシュー]と[味付玉子]を学んだ。

次に修行場所に選んだのは、二郎インスパイアラーメンを提供していて、こってりした味が人気のラーメン店『自家製麺NO.11』。

『麺の。』で提供するラーメンは本家の二郎系ラーメンではなく、『自家製麺NO.11』のラーメンが基準になっている。

2人の師匠から学んだ教えをしっかりと守り、地元に戻って開業。

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン

店名の由来は、『麺処 篠はら』の“の”と『自家製麺NO.11』の“o”からとったもの。

ラーメンの上にはナルトがトッピングされており、ピンクの渦巻きが“の”に見えることも掛け合わせて命名している。

師匠と弟子の絆を感じる。

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン 【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン

店内はカウンターと座敷がある。

店の入り口には、二郎系ラーメンでは定番の黒ウーロン茶も販売しているよ。

脂肪分解を促すウーロン茶と一緒に麺をがっついてみて。

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン

丁子さんは、ラーメン好きだったことがキッカケでたくさんの人に出会えたと言う。

「食べる側の時は気付かなかったけど、仕込むことが多くて大変です。」と苦笑いをしていたが、ラーメンを仕込む目は真剣そのもの。

遠く離れた地で紡いだ人の縁で作り上げられた『麺の。』のラーメンは、日本中探してもここでしか食べられない。

間違いなく徳島でも愛されるラーメン店に仲間入りするだろう。

【2023年4月オープン /麺の。(板野郡藍住町)】“麺を食らう”ガッツリ食べたい二郎系インスパイアラーメン




麺の。

  • 住所/ 板野郡藍住町 矢上安任139-1
  • 電話/-
  • 営業時間/ 11:00~15:00、17:00~20:30
    備考/水曜は昼のみ営業
  • 定休日/木
  • 駐車場/3台
店舗詳細ページへ

スマホへのインストールはこちらから

能登半島地震寄附受付 ふるさと納税 徳島 ワイヤーフェスタ あわわのアプリ 初めてのキッチン 勝瀬歯科医院 きりの歯科クリニック 富士住設

おすすめ


  • 【2月19日配布開始】あわわ最新号・2024年3月号! 「春活」「春から通う学習塾」「bibibi」「話題の新店・街ネタ」and more!


  • 【1月19日配布開始】あわわ最新号・2024年2月号! 「幸せを届ける街のベーカリー第2弾!」「新店・街ネタ」「今すぐ住める家さがし!」「定食データバンク」and more!


  • 【2023年11月オープン/徳島らぁ麺 堂の浦(どうのうら・板野郡藍住町)】鳴門の名店が藍住に登場!泡立つオリジナル徳島ラーメン


  • 【12月19日配布開始】あわわ最新号・2024年1月号! 「ご褒美で飲みたい! 徳島のお酒」「新店・街ネタ情報」「おいしいコーヒーの淹れ方」「定食データバンク」and more!


  • 【11月17日配布開始】あわわ最新号・2023年12月号! 「お家で本格クリスマスグルメ」「-あなたの 「キレイ」を磨こう-bibibi」「クリスマスケーキプレゼント」「定食データバンク」「新店・街ネタ」and more!


  • 【2023年7月オープン /麺匠 狸一(りいち)(徳島市幸町)】阿波の泡ラーメンを徳島の新定番に!阿波牛、阿波尾鶏を使用した地元愛あふれるラーメン一丁!