グルメ暮らし学び・教養徳島市鳴門市小松島市阿南市阿波市三好市勝浦町那賀町上板町つるぎ町
2022/07/22 10:00
がんも

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

新春の徳島にある24の市町村から届いた最新の知っ得情報をご紹介!

随時更新してお届けいたします。

さぁ夏がやって来た!各市町村で開催予定のほっかほかイベント情報も続々ッ。

さらに、市町村のアツい新政策や取り組みについても紹介します。地元のコトをもっと広く、もっと深く知ってちょーだい!


7/22NEW! 上板町

#徳島 #24市町村 #とくしま #市町村 #取り組み #政策 #政治 #コンテスト #告知 #応募 #イベント #景品 #スタンプラリー #おでかけ #スポット #旬 #コンテスト #フォトコンテスト #結果 #新商品 #グルメ #セミナー #マルシェ #アクティビティ #ウォータースポーツ #パックラフト #パンフレット #お遍路 #ガイド #オープンガーデン #直売所 #シンボルマーク #動画 #花 #フラワースポット #花畑 #助成 #助成金 #YouTube #YouTubeチャンネル #パンフレット #徳島市 #鳴門市 #小松島市 #阿南市 #吉野川市 #阿波市 #美馬市 #三好市 #勝浦町 #上勝町 #佐那河内村 #石井町 #神山町 #那賀町 #牟岐町 #美波町 #海陽町 #松茂町 #北島町 #藍住町 #板野町 #上板町 #つるぎ町 #東みよし町 # # # # # # # # # # # # ## # # # # # # ## # # # # # # # # # # # #


掲載されている情報は予告なく内容が変更になる場合がございます。
※詳細は各お問い合わせ先までご確認を。

徳島市

出張で徳島市を訪れるなら利用しよう! 新たな旅のスタイル[TOKUSHIMACITY]


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

徳島市に出張で訪れ、出張日の前後の日に徳島市内の宿泊施設で宿泊し県内のレジャー施設等を利用した場合、5,000円の助成を受けることができる。仕事のあとは、魅力たっぷりの徳島を満喫しよう。素敵な思い出をInstagramで発信する際は「#funfuntokushima」をつけて投稿してね。


利用できる人

・徳島市外の所在地にある企業等に勤務している人(個人事業主を含む)
・徳島市へ出張した人
・出張日の前後に滞在を延長して、徳島市内の宿泊施設で宿泊した人
・徳島県内のレジャー施設等を利用した人
・徳島市内の滞在時のレジャーや観光等の内容をSNS等で発信できる人

対象期間/~2023年1月31日(火)まで
助成金額/1回の出張につき5,000円
申請方法/徳島市での宿泊最終日の翌日から起算して14日以内に、申請書類を徳島市に郵送(当日消印有効)
送付先/〒770-8571 徳島市幸町2丁目5番地 徳島市にぎわい交流課 「新たな旅のスタイルTOKUSHIMACITY助成金担当」宛
問/088-621-5232(徳島市にぎわい交流課「新たな旅のスタイルTOKUSHIMACITY」助成金担当

「2022阿波おどり」公式ウェブサイトをチェックしよう


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

「2022阿波おどり」について国内外に向け情報を届ける「阿波おどり未来へつなぐ実行委員会公式ウェブサイト」が開設されたよ。日程や各種演舞場について最新情報を発信しているので、阿波おどりファンは必見だ。さっそく下のボタンからチェックしてみて。

問/088-678-5181、088-678-5182(阿波おどり未来へつなぐ実行委員会事務局)

空き不動産を提供or紹介して「リノベーションまちづくり」を応援しよう


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

令和4年度のリノベーションまちづくり推進事業の取組として、10月7日(金)~9日(日)にかけてリノベーションスクールを開催。このスクールの題材として空き家、空き店舗、空き地などの遊休不動産を募集中。不動産を提供、または紹介できる人は「徳島市都市建設政策課」まで!

リノベーションまちづくり/遊休不動産や公共空間などの空間資源や人的資源、歴史的資源などの「今ある資源」を生かし、これまでにない新しい使い方でまちを変えていく民間主導のまちづくりの手法。地域の人々とのコミュニティや新たなまちのコンテンツを生み出し、まちの価値向上を図る政策。

リノベーションスクールとは
遊休不動産の活用(リノベーション)を通じた都市再生手法を学び、体験する3日間の短期集中スクール。受講生(社会人・学生など)がグループにわかれて、まちなかに実在する空き家、空き店舗、空き地などの遊休不動産を題材に、エリア価値を高める事業プランを立案。リノベーションまちづくりの第一人者である講師陣のアドバイスでブラッシュアップを重ね、最終日に不動産オーナーや関係者へプレゼンテーションを行う。建物単体の再生を超えて、まちの豊かな未来を創出することを目指す。

リノベーションスクールの対象エリア/通町・中通町・新内町・南内町・両国本町などその周辺
対象物件の範囲/対象エリア周辺にある空き家、空き店舗、空き地など
受付期間/令和4年6月30日(木)まで
※店舗の定休日や閉店時間、空きスペースなども対象。要相談。※物件の築年数や、状態は不問。

【留意事項】
・リノベーションスクールの趣旨、取組を十分に理解し、参画できること。
・スクール期間中、物件の内覧や受講生からのヒアリングに協力できるとともに、最終プレゼンテーションに参加できること。
・公序良俗に反するおそれのない個人、団体および物件であること。
・暴力団、暴力団の構成員、およびそれらの団体と密接な関係でないこと。
【連絡後の流れ】
①市の担当者が訪問し、取組の趣旨を説明。
②リノベーション団体と詳細を確認し、対象物件の可否を決定します。
③スクール期間中は無償で物件を開放。
④スクール期間中は、物件の内覧や受講生からのヒアリングに協力。
⑤スクール最終日のプレゼンテーションに、リスナーとして参加。
⑥スクール以降の活用については要相談。他都市では事業プランが実現し、家賃収入の発生や、雇用の創出、エリア価値の向上などがみられた事例がある。

問/088-621-5266(徳島市都市建設部都市建設政策課)

詳細はこちら

鳴門市

若者に若者に、もっと地域の魅力を伝えたい! YouTubeチャンネル「鳴門市KoHoさん」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

鳴門市が、若年層をターゲットとしたYouTubeチャンネル「鳴門市KoHoさん」を開設。観光スポット情報や市の政策などを若者にも親しみやすく紹介した動画を制作し、配信しているよ。鳴門市の魅力に迫るなら、ぜひチャンネル登録を!

問/088-684-1118(鳴門市企画総務部秘書広報課)

小松島市

贈り物にもぴったり! 脂がのって栄養豊富な、旬の鱧を味わおう。


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

お盆が過ぎて産卵期を過ぎた後一気に栄養を蓄える鱧。輝く金色の筋が通った鱧は、肉厚で脂がのり美味しい証! コラーゲンやコンドロイチンなど、美肌などに効果的な栄養素も豊富と言われており、女性にも喜ばれる食材だよ。温かい料理に向き、てんぷらや鍋などがおすすめ。

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

小松島市のブランド鱧[小松島はも]は、県内をはじめ近畿、関東圏でも高級レストランで扱われており人気が高まりつつある。さらに骨切り加工を施し、美味しさを損なわないように急速冷凍された鱧は各家庭への発送も可能。高級感があるので、自分へのご褒美や大切な人への贈り物にもぴったりだよ。

小松島市のブランド鱧を紹介している「はまつしまはもサイト」では、鱧についての知識や提供しているお店などを紹介しているのでチェックしてみよう。

問/0885-32-3809(小松島市 産業振興部商工観光課)

「サウンドハウスホール ミニコンサート2022」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

画像はイメージです

気軽にいろいろな音楽に触れることができる1時間程度のミニコンサート! お手ごろ価格が魅力だよ。

■1回目■
日時/7月7日(木)19:00~(開場18:30)

出演者・曲名

ピアノ/釘宮貴子
ピアノ/粟田美佐
ソプラノ/井上ゆかり
メゾソプラノ/戸邉祐子
サクソフォン/新田恭子

♪曲名
花(滝廉太郎)ほか

 


■2回目■
日時/8月29日(月)19:00~(開場18:30)

出演者・曲名

バイオリン/森基之
バイオリン/木田寿味
ビオラ/川上忠昭
チェロ/野村侑加

♪曲名
弦楽四重奏曲「皇帝」より第2楽章ほか

 

■3回目■
日時/10月6日(木)19:00~(開場18:30)

出演者・曲名

打楽器/冨土原あや
ピアノ/平賀理絵

♪曲名
赤とんぼ(山田耕作作曲)ほか

 

料/前売500円、当日700円、シリーズ券(3公演分)1,200円※小松島市民の妊婦は無料。(母子健康手帳を持参)※未就学児の入場不可。※入場制限あり。(150名)
チケット販売場所/サウンドハウスホール、小松島市役所1階総合案内、阿南市コスモホール、阿南市夢ホール、本・文具のキダブン、小山助学館本店、平惣小松島バイパス店、平惣阿南センター店、平惣徳島店(沖浜)、平惣田宮店、平惣羽ノ浦国道店
場/小松島市小松島町新港9-10
問/0885-32-3565(サウンドハウスホール)

阿南市

『Cottage Coliberty -SURF&STAY-』で休日のひとときを過ごしませんか?


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

四国で一番早く太陽が昇るまち、阿南市で創業30年間愛されてきた1棟貸しコテージ「Cottage Coliberty -SURF&STAY-」。徳島を愛するホストの「柑橘の香り・海の匂い・山に沈みゆく夕日や太陽と自然からいただいた恵みを存分に感じてほしい」という想いから2022年4月にリニューアルオープン。日常の喧騒から解き放たれた静かな場所で 「余計なことを忘れて自然に身をゆだねる時間」を体験してみよう。

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

木の温もりを活かしたまま、ナチュラルテイストにリノベーションした部屋

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

住/阿南市畭町亀崎1-90
問/090-8530-1728(Cottage Coliberty)
休/不定休

体験せずにはいられない! ダイナミックに川下り


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

人気急上昇中「パックラフト」は、カヌーに似た形ゴムボートで川下りを楽しむアクティビティ。ボートは安定感があり、初心者でも挑戦しやすいのが魅力。那賀川中流域でダイナミックな川下りを体験しよう!

詳細

コース内容/那賀川中流域
所要時間/約2時間
出発時間/①10:00~ ②14:00
参加対象年齢/一人乗りは中学生以上、二人乗りは小学生4年生以上(大人と同乗)
料金/一人乗り:大人7,700円、中高生6,600円、二人乗り:大人5,500円 小中高生4,400円※体験料、装備一式、保険料含む
持ち物/濡れても良い服装、バスタオル、帽子やラッシュガードなどの日焼け対策グッズ
開催期間 4月下旬~10月下旬

 

阿波市

「阿波市LINE公式アカウント」開設 特産認証品PRキャンペーン


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

阿波市に関するさまざまな情報が発信される「阿波市LINE公式アカウント」が開設されたよ。現在、友だち登録で[阿波市のいいもの(特産認証品)]が当たるキャンペーンを実施中。《特産認証品》とは、「品質のこだわり」 そして「食への真摯な思い」がこもった阿波市の特色ある優れた農畜産品やそれを利用した加工品のこと。 「がんばる生産者」が作ったおいしいものを、友だち登録でゲットしよう!

応法方法

①「阿波市LINE公式アカウント」を友だち登録
②トーク画面上で「あわしのいいもの」と入力し、送信
③返信で送られてきた応募フォームにアクセスし、簡単なアンケートに回答して応募

 


応募期間/9月30日(金)まで
問/0883-36-8708(阿波市企画総務部 市政情報課)

たぶん世界初!「わんこ土柱麺」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

土柱麺は、徳島県伝統の「半田そうめん」と若者に人気の「徳島ラーメン」の良いところ取りをした、オリジナルの「土柱麺」。見た目は日本そばでありながら、その食感は驚きのモチモチ食感。ダイシモチ麦を使い、コレステロール低減や便秘予防にも効果があると言われている。この「土柱麺」を使った、世界初の「わんこ土柱麺」イベントが『道の駅どなり』で開催! お腹いっぱい、土柱麺を味わおう。

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

開催日時/8月28日(日)10:00~17:30
所/阿波市土成町宮川内平間28-2(道の駅どなり)
料/1人 2,000円※入場は無料
P/有(無料)
問/gamecafenow@gmail.com(Consme Game Channel)

『道の駅どなり』開駅30周年イベント!


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

『道の駅どなり』の開駅30周年を記念するイベントでは、血管年齢測定や血圧測定を実施する健康チェックや、飛び入り自由の音楽生ライブ、四国最大級の黒板を設置しての黒板チョークアートコンテストが開催される。そのほか、阿波市移住交流支援センターによる移住相談では「あわみちゃんうちわ」がもらえるよ。どのイベントも参加料は無料!

イベント内容

・健康チェック(ベジチェック、血管年齢測定、血圧測定)※計測したすべての人にペットボトルドリンク、ジャガイモ詰め放題、カプセルガチャ抽選会参加権をプレゼント。
・メロディライブどなり音楽イベント
・四国最大級の黒板でチョークアートコンテスト(優秀作品に記念品贈呈)
・阿波市移住交流支援センターの移住相談(あわみちゃんうちわプレゼント)

 


開催日時/8月21日(日)10:00~16:00
所/阿波市土成町宮川内平間28-2
P/有
問/088-695-5405(道の駅どなり)

ハンドメイド作家のあまり素材が大放出!? 「キルトロスをなくそう!」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

ドルチェの定休日をシェアリングして「阿波町に可愛い雑貨店を作りたい」という想いで生まれたハンドメイド作家達によるイベント「雑貨曜日」。7月26日(火)の同イベントでは初の試みとなる“そざい市”が開催される。

作家が普段使っている布やハギレ、ビーズ、リボン、パーツ等をお手ごろ価格で販売。モノ作りが好きな人、これから始めたい人はお気に入りの素材を見つけに出かけよう。

開催日時/7月26日(火)10:00~16:00
場/阿波市阿波町大道北190-1(イタリアンジェラートドルチェ)
P/有(無料)
問/zatsukayoubi@gmail.com(雑貨曜日実行委員会)

「しわしわ行こうだ!」オリジナルお遍路ボトルが登場


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

[阿波市お遍路クリアボトル]1,000円※容量500ml、耐熱60℃、乾燥機不可

阿波市のお遍路ゆかりのイラストがデザインされたクリアボトルが完成! 「しわしわ行こだ!(ゆっくり行こうよ!)」のキャッチフレーズや可愛いイラストは見ているだけで癒されるよ。暑い季節の熱中症予防のために、お気に入りの飲み物を入れてお遍路へ出かけよう。阿波市観光協会にて販売中。

問/0883-35-4211
場/阿波市阿波町東原173-1(阿波市観光協会)

美馬市

とくしま藍の日 ~MIMA Indigo Day~


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

かつて藍の集積地として栄えた美馬市では、7月24日(日)に制定されている「とくしま藍の日」を「MIMA Indigo Day」と名付け、各所で藍マルシェやワークショップ、パネル展、映画祭など藍文化に触れるイベントを実施。詳細は随時HPにて更新するよ。当日は藍色の品を身につけて会場にくりだそう!

場/美馬市脇町大字脇町周辺(うだつの町並み、美馬市地域交流センターミライズなど)
問/0883-52-5730(美馬市役所 美と健康のまち推進課)
料金/基本無料※料金が必要なイベント有
P/有(無料)

詳しくはこちら

美馬市の公式LINEが登場!


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

美馬市から公式LINEアカウントが登場! お友だちを募集しているのでスマートフォンやタブレット端末の「LINE」アプリで追加してみよう。美馬市の観光、イベント、子育て、防災情報など気になる情報を自分で選び、いち早く受け取ることができるよ。(※セグメント配信)

※追加後、最初に表示されるメッセージ内のリンク先から受信設定が必要。

問/0883-52-1717(美馬市役所デジタルトランスフォーメーション推進課)

美馬市LINEお友だち登録はこちら

詳しくはこちら

三好市

第8弾「GOTO」秘境三好市トラベルキャンペーン開始!


市内観光事業者を支援するため、三好市独自の需要喚起GoToキャンペーンを実施。該当する施設に条件に応じて予約すると、宿泊料金が割引になるクーポンをGET! さらに、市内の施設で使える2,000円の商品券ももらえるよ。※上限に達し次第終了。

OTA(オンライン・トラベル・エージェント)経由でのクーポン

「楽天」「じゃらん」「るるぶ」「JTB」「Yahoo!トラベル」を利用して予約すると最大1万円割引。

 

OTA以外のクーポン

OTAに登録していない宿泊施設に宿泊すると1人あたり1泊最大2,500円を助成。

 

GoTo秘境三好トラベルクーポン

市内対象の宿泊施設に宿泊すると、1人2,000円の商品券をプレゼント※無くなり次第終了

 




問/0883-70-5804(三好市観光協会)

詳しくはコチラ

初夏のおでかけは、涼やかに咲くアジサイを観に雲辺寺へ


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

四国霊場66番札所・雲辺寺では、6月中旬から境内のいたるところでアジサイの花が涼やかに咲き誇り、青や紫、ピンクの鮮やかな景色が広がる。アジサイは雲辺寺に古くから自生しており、また挿し木で増やしたものも含め3万株が咲くのだとか。標高が911mと高く、雲気温が7℃ほど低いため、7月中旬に満開を迎えお盆頃まで境内や参道をゆく参拝客を楽しませる。

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

問/0883-72-7646(三好市役所秘書人事課)

勝浦町

「阿波かつうら恐竜フェスティバル2022」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

四国最大数の恐竜化石発掘の町・勝浦町にて、恐竜イベントやグルメが楽しめるフェスティバルが開催される。化石発掘をはじめ様々なワークショップを体験できるよ。募集要項、詳細は各イベント内容をチェック! 予約は各WEB申込フォームから随時受付中。

■恐竜を探せ 阿波かつうら化石発掘体験

ホンモノの恐竜の化石が発見された地層の岩石を割って、色んな化石を見つけよう!

詳細

開催日/7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝)、24日(日)、27日(水)、28日(木)、30日(土)、31日(日)、8月3日(水)、6日(土)、7日(日)、10日(水)、11日(木・祝)、13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)
開催時間/①10:00~ ②11:00~ ③13:00~ ④14:00~ ⑤15:00~(各45分程度)※⑤の開催は土・日曜、祝日のみ
募集人数/各回20名
料/1名につき1,000円
対象年齢/4歳以上※小学生以下は要保護者同伴

 


場/勝浦郡勝浦町生名月ノ瀬35-1
問/0885-44-0112(道の駅 ひなの里かつうら)※電話予約不可

申し込みフォーム

■恐竜クラフトワークショップ


恐竜をモチーフにしたクラフト作品を楽しく作ろう!


開催日時・詳細

①7月16日(土)13:00~「まめ皿絵付け」
料/1,000円 募集人数/5名
②7月17日(日)13:00~「せっけん作り」
料/1,000円 募集人数/8名
③7月18日(月・祝)13:00~「初級レザークラフト」
料/1,200円 募集人数/5名
※各約1時間 ※付添1名無料※未就学児は要付添 

 

場/勝浦郡勝浦町生名太田44-1(レヴィタかつうら)
問/0885-42-2216(勝浦町地域活性化協会)※電話予約不可

■恐竜造形作家・徳川広和さんの恐竜復元ワークショップ

プロの造形作家の指導で、モデルの彩色や骨格模型の肉付けが体験できるワークショップ!

開催日時・詳細

開催日/7月23日(土)
①10:30~ ブラキオサウルスのフィギュア塗装 料/500円
②ティラノサウルスの頭部復元 料/1,000円
③アロサウルスのフィギュア塗装 料/500円
募集人数/各回12名(小学生以上)

 

場/勝浦郡勝浦町久国久保田2-1(勝浦町立図書館 2F)
問/0885-42-2515(勝浦町教育委員会)



■勝浦町恐竜大使CANさんとLaQハカセの恐竜コラボショー&LaQで立体モデルを作ろう!

CANさんが描く恐竜とLaQハカセ ラベンダーによる恐竜コラボショーを開催。参加者にはLaQモデルをプレゼント。

開催日時・詳細

開催日/7月30日(土)
時/①10:30~ ②13:00~ ③14:30~(各75分)
募集人数/各回20名(3歳~小学生。保護者要付添)
料/無料

 

場/勝浦郡勝浦町生名太田44-1(レヴィタかつうら)
問/0885-42-2216(勝浦町地域活性化協会)※電話予約不可

申し込みフォーム

※7月29日(金)締切

■楽しく遊べるイベント屋台 ひなかつ恐竜Park

イベントは日によって変更するよ。詳しくは『ひなの里かつうら』HPでチェックしよう。

内容

ジオラマ作り体験/恐竜つかみ取り/恐竜のおもちゃ発掘体験/恐竜射的/スーパー恐竜すくい/天然石探し/キャンディつかみ取り/血液年齢測定・ベジチェック ほか

 

場/勝浦郡勝浦町生名月ノ瀬4-1
問/0885-44-0112(道の駅ひなの里かつうら)


勝浦の遍路道を歩こう「慈眼寺ウォーキング」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

勝浦町に残る古い遍路道を登って四国霊場の別格札所『慈眼寺』まで向かうウォーキングイベント。帰路は同じコースを戻り、スタート地点の『ふれあいの里さかもと』に帰ればおいしいランチも待ってるよ! 申し込みは電話、FAXまたは下のボタンからWEB申込フォームにて。申し込み締切は7月1日(金)まで。

詳細
開催日時/7月3日(日)※予備日は7月10日(日)8:30集合~12:15帰着予定
集合場所/ふれあいの里さかもと
参加費/2,000円(ガイド料、保険料、ランチ代含む)
持ち物/飲み物、運動に適した服装、保険証(コピー可)、タオル、飴やチョコなど軽食類、カッパor雨傘、携帯電話、ほか必要なもの適宜
コース概要/『ふれあいの里さかもと』→遍路道をたどり慈眼寺へ→慈眼寺到着、本堂へ→『ふれあいの里さかもと』へ帰着、特製ランチ

場/勝浦町大字坂本字宮平1-5(ふれあいの里さかもと)
問/tel.0885-42-2216 fax.0885-42-2217(勝浦町地域活性化協会)

WEB申込はこちら

佐那河内村

新しい村づくりを推進! シンボルマークが誕生


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

佐那河内村の新たな村づくりを「さなごうち 次世代へ贈る、新しい光景・ものがたりの創出」と題し、その旗印としてシンボルマークが誕生。村の地域資源を見直し、掘り起こし、最大限に活用することを基本に、様々な事業を展開予定だ。詳細はHPをチェック!


問/088-679-2973(佐那河内村企画政策課)

詳細はこちら


那賀町

受講生募集! 『那賀町おもちゃ美術館(仮称)』学芸員養成講座


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

2023年春の開館される『那賀町おもちゃ美術館(仮称)』は、たくさんのおもちゃと遊びを通じて那賀町の木の魅力、文化の素晴らしさを伝える「体験型美術館」。その館内にて利用者に遊びの案内をするボランティアスタッフ「おもちゃ学芸員」を募集。下記日程で養成講座を開催するので、地域を活気づけること、子どもたちの笑顔を作ることに興味がある人は参加してみよう。

講座日程・詳細

第3期:10月1日(土)13:00~16:30、2日(日)10:00~16:30
第4期:2023年1月28日(土)13:00~16:30、29日(日)10:00~16:30
※2日間参加できる人のみ応募可能

定員/各回30名
受講料/1,000円

 

応募方法/氏名、性別、生年月日、住所、郵便番号、連絡先を下記の方法で連絡
●tel. 0884-62-1175(平日8:30~17:15)
●fax. 0884-62-1239
●mail. yasuhiro-yokota@naka.i-tokushima.jp
●郵送:〒771-5408 徳島県那賀郡那賀町吉野字弥八かへ23 番地「那賀町役場 林業振興課 おもちゃ学芸員養成講座 担当宛」

場/那賀郡那賀町吉野字弥八かへ23(那賀町林業ビジネスセンター大研修室)
問/0884-62-1175(那賀町役場林業振興課)

詳しくはコチラ




牟岐町

7月31日(日)「姫神祭り」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

大昔、京に上ったまま帰ってこない恋人を迎えに行くために、土佐から浪速へ船で向かった土佐の豪族の姫君。船は牟岐の大島近辺で嵐に遭い、その原因は女性が船に乗ったからだと姫は大島に残された。悲しみに打ちひしがれた姫は、海に身を投げ命を絶つ。そこに、男根そっくりな巨岩が現れた。人々は驚き、姫の霊を慰めるため祠をまつったという…。

奇祭「姫神祭り」は、奇岩にまつわる悲恋伝説にちなんだ祭り。男性のシンボルをかたどったご神体が町を練り歩き、海上をパレードする。フィナーレでは夜空を鮮やかに彩る納涼花火も打ち上がるよ。

当日スケジュール
9:30~ 神事(八幡神社)
10:00~ 子供神輿パレード(八幡神社出発)
14:00~ 海上パレード(旧中央漁協前)※大人2,000円 子供1,000円※13:00~乗船券発売
16:00~ 姫神市(西の浜)
20:00~ 納涼花火(牟岐漁港)

場/海部郡牟岐町大字牟岐浦字八幡山1(牟岐八幡神社)
問/0884-72-0065(牟岐町観光協会)

詳しくはこちら

美波町

ひわさ夏祭り2022


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

美波町の桜町通りにあるゲストハウス『さくら庵』周辺で「ひわさ夏祭り2022」を開催。県産ブロイラーを使用したクリスピーチキン「エムチキ」や、ウミガメが上陸する町・美波町で開発をしたご当地お菓子「かめっこ焼き」の屋台販売が行われるよ。また、いずれかを購入した人には『さくら庵』のドリンク50円引き券をプレンゼント。美味しいグルメをビールやコーヒーとともに堪能しよう。

さらに、『さくら庵』にて美波町の音楽グループ「リターンズ」による懐かしのアニメ&フォークソングの演奏(11:00~12:00)もあるのでお楽しみに!

開催日時/7月17日(日)10:00~17:00
所/海部郡美波町奥河内寺前114-6(さくら庵)
問/090-8970-9250(日和佐 発心の会)

詳しくはコチラ

海陽町

ふるさと納税でサンゴの海を未来へ残す活動を応援しよう!「竹ヶ島海域公園魅力化プロジェクト」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

海陽町の竹ヶ島周辺の海域ではサンゴの一種「エダミドリイシ」の群集が見られており、海域公園に指定されている。エダミドリイシが健全な状態で生き続けていける環境を守るため、長年にわたり増殖試験と観察、サンゴの移植、生育調査等の自然再生活動が行われている。この保全活動に継続的に取り組むため、ふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディングで寄附金を募集中だ。

詳細

募集期間/10月4日(火)まで
目標金額/100万円
寄付金の使い道/エダミドリイシの採卵、育成、移植による自然再生活動、海洋資源の研究等に活用

 

問/0884-73-4100(海陽町経営戦略課)



「海陽町の「漁火の森公園」で夏の太陽に照らされながらコスプレ撮影会開催してみた」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

海陽町の若者交流を促進する団体「WAKAISHI CAFE」主催のコスプレイベントが開催されるよ!会場の『漁火の森公園』には木の温かみのあるチャペルや緑が美しい芝生広場など、撮影ポイントがたくさん。みんなでコスプレを楽しもう。定員30名。下のボタンから申し込みを。※受付は前日、7月23日(土)まで。※定員に達し次第受付終了。

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版
当日スケジュール
受付 9:30~12:00
更衣室利用時間 10:00~16:00
撮影時間 11:00~15:00

日時/7月24日(日)11:00~15:00
場/海部郡海陽町奥浦字鹿ヶ谷58-3(ふれあいの宿 遊遊NASA)
参加料/1,000円(ドリンク、遊遊NASAレストラン割引券付き)
P/有(無料)
問/0884-73-4100(海陽町役場WAKAISHICAFE)


上板町

『技の館』で水祭り&夏祭り!


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

■子ども水祭り

水鉄砲&水風船投げで思いきり楽しもう! 水鉄砲は会場で用意されている。持ち込みもOK。自慢の水鉄砲を持っていこう。
※濡れてもいい服装で参加を。
※着替えスペースはなし。

■夏祭り

射的、スーパーボールすくい、ヨーヨーすくいなどの子ども縁日や、かき氷、から揚げ、ポップコーン、アメリカンドッグなどの軽食が楽しめる夏祭り! 当日限定で『WAZA CAFFE』も夜営業。ランチメニューやピザ、冷たいうどんなどを提供するよ。冷たいビールもあり。(20:30まで)

その他のお楽しみ

●17:00~「みんなで歌おう!カラオケ大会!」では、屋外ステージで自慢の歌声を披露できるよ。※参加無料。当日参加OK。
●20:00~みんなで手持ち花火を楽しもう。※参加費は1人100円。
●20:30~『技の館』の屋上から小さな打ち上げ花火があがるよ。

 

※感染状況により、イベント中止の可能性もあり。詳細はHPにて確認を。

開催日時/8月21日(日)子ども水祭りは14:00~16:00、夏祭りは16:00~21:00
所/板野郡泉谷字原東32-4(技の館)
P/有
料/入場無料(一部料金が必要)
問/088-637-6555

詳しくはコチラ

「わらあい市」に出かけよう!7月3日(日)開催


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

毎月恒例のイベントでは、フラダンスのパフォーマンスや月替わりのワークショップをはじめ新鮮野菜の販売、おいしいグルメなど楽しみ満載! 会場に設置した大笹にみんなで短冊や七夕飾りを自由に飾って完成させよう。

詳細
「アラオリフラスタジオ」によるフラダンスのパフォーマンス/皆で飾る七夕大笹/月替わりのワークショップ(詳細はHPやSNSにて確認を)/新鮮野菜の販売(取れたてのトウモロコシやナスなどの夏野菜やスイカ)/包丁研ぎ(500円/本~※状態により価格は変動)/軽食(かき氷、うどん、五平餅など/窯焼きピザ体験/ミニ縁日(竹水鉄砲の的当や輪投げなど)

開催日時/7月3日(日)10:00~14:00
場/板野郡上板町泉谷字原東32-4(上板町技の館)
問/088-637-6555(一般社団法人ジャパンブルー上板)
料/入場無料
P/有(無料)

詳しくはこちら

『技の館』公式Instagram

『とくしま上板熱中小学校』Instagram

「藍畑の中心で愛を叫ぶ!~わいも叫ぶ! うっちゃも叫ぶんじょ!~」参加者募集


■感染症拡大の影響により中止■

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

藍の日である7月24日(日)に、藍畑で愛を叫ぼう! [日本愛妻家協会]認定の「愛を叫ぶイベント」を、藍染染料「すくも」生産地日本一の町・上板町で初開催。妻、夫への愛、プロポーズ、恋人への愛、大好きな友だちへの愛、ペットへの愛etc.. 愛があるなら誰でも参加可能! 参加費は無料。定員20組限定だよ。

当日スケジュール
9:00~技の館集合→藍染体験→バスで藍畑へ移動→11:22~「愛を叫ぼう!」イベントスタート→『技の館』にて愛藍うどんを食べて解散

※できれば叫ぶ方と叫ばれる方と一緒に参加を。難しい場合は、叫ぶ方のみでもOK。

開催日時/7月24日(日)9:00~14:00頃
会場/板野郡泉谷字原東32-4
P/有(無料)
問/088-637-6555(技の館)

詳しくはコチラ

毎月恒例「わらあい市」開催! 8月7日(日)開催


■感染症拡大の影響により中止■

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

毎月第一日曜日に上板町『技の館』で開催される「わらあい市」が8月7日(日)に開催。 夏休み特別企画として、ミニSLがやってくるよ。そのほか、ミニライブも開催予定。毎月人気の窯焼きピザやうどん、五平餅等の軽食や新鮮野菜の販売も。月替わりのワークショップ&ミニ縁日コーナーはファミリーで楽しめる!

開催日時/8月7日(日)10:00~14:00
会場/板野郡泉谷字原東32-4
P/有(無料)
問/088-694-7766(一般社団法人ジャパンブルー上板)

詳しくはコチラ

つるぎ町

「つるぎクラブ」2022春・夏号が発行!


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

毎年2回発行されるリーフレット「つるぎクラブ」2022年春・夏号が発行された。つるぎ町の自然の中で実施されるヨガ体験やポタリング、リバートレッキングなど季節の空気を楽しめるイベントやツアー情報を盛りだくさん掲載しているよ。つるぎ町役場でも配布中!

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版

問/0883-62-3114(産業経済課)

スマホへのインストールはこちらから

出産祝いにおむつ×お寿司 めぐる、ONLINE SHOP すきま時間に小遣い稼ぎ きりの歯科クリニック こおりクリニック 富士住設 勝瀬歯科医院

おすすめ


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース8月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース6月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース5月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース4月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース3月版