グルメ暮らし学び・教養徳島市鳴門市小松島市阿波市那賀町海陽町
2022/09/01 10:00
がんも

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

新春の徳島にある24の市町村から届いた最新の知っ得情報をご紹介!
随時更新してお届けいたします。

さぁ夏がやって来た!各市町村で開催予定のほっかほかイベント情報も続々ッ。

さらに、市町村のアツい新政策や取り組みについても紹介します。地元のコトをもっと広く、もっと深く知ってちょーだい!

掲載されている情報は予告なく内容が変更になる場合がございます。
※詳細は各お問い合わせ先までご確認を。

徳島市

「人権を考える市民のつどい」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

人々が人権について考えるきっかけにするため、徳島市が主催する講演会が開催される。45回目となる今年度は「TV報道の意外な舞台裏~メディアの中の人権~」と題し、フリーアナウンサーの笠井信輔氏が講演。参加には事前申し込みが必要。(応募多数の場合は抽選にて選考。)※定員400名、市外からの参加も可能。

主催:徳島市、徳島市教育委員会、徳島市人権教育・啓発推進協議会

申し込み方法

① 専用申し込みフォーム
②徳島市ウェブサイト「令和4年度人権を考える市民のつどい」ページ
③郵送(徳島市幸町2-5「市民文化部人権推進課」宛)
④ファクシミリ(088-655-7758)

郵送またはファクシミリで申し込みをする場合は、名前・住所・連絡の取れる電話番号を記入し「徳島市役所人権推進課 人権を考える市民のつどい係」まで。

※10月4日(火)17:00必着

 

開催日時/10月18日(火)13:30~15:00(受付・開場は12:30~)
所/徳島市藍場町2-14(あわぎんホール)
料/入場無料
P/無
問/088-621-5169(徳島市役所 市民文化部人権推進課)

詳しくはコチラ

申し込みはコチラ

まだ申請していない人は活用しよう!「マイナンバーカード出張申請サポート」


『佐古コミュニティセンター』で、マイナンバーカードの申請ができる! 会場で職員が申請に必要な写真を撮影し、申請書の記入などをサポートしてくれるよ。カードの仕上がりは約1カ月~1カ月半後。当日、①個人番号通知カード②本人確認書類③QRコードつき交付申請書を持参し申請すると、カードが自宅に送られる。※当日①~③を持参していない場合は、本人確認書類などを持参のうえ、徳島市役所1階・住民課に受け取りに行く必要あり。まだマイナンバーカードの申請をすませていない人は、この機会に利用しよう!

※新型コロナウィルス感染症の拡大状況に応じ、延期または中止の場合あり。

開催期間/8月29日(月)~31日(水)、9月5日(月)~9月7日(水)
開催時間/10:00~16:00
所/徳島市佐古四番町7-1(佐古コミュニティセンター)
問/088-621-5086(徳島市住民課)

出張で徳島市を訪れるなら利用しよう! 新たな旅のスタイル[TOKUSHIMACITY]


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

徳島市に出張で訪れ、出張日の前後の日に徳島市内の宿泊施設で宿泊し県内のレジャー施設等を利用した場合、5,000円の助成を受けることができる。仕事のあとは、魅力たっぷりの徳島を満喫しよう。素敵な思い出をInstagramで発信する際は「#funfuntokushima」をつけて投稿してね。


利用できる人

・徳島市外の所在地にある企業等に勤務している人(個人事業主を含む)
・徳島市へ出張した人
・出張日の前後に滞在を延長して、徳島市内の宿泊施設で宿泊した人
・徳島県内のレジャー施設等を利用した人
・徳島市内の滞在時のレジャーや観光等の内容をSNS等で発信できる人

対象期間/~2023年1月31日(火)まで
助成金額/1回の出張につき5,000円
申請方法/徳島市での宿泊最終日の翌日から起算して14日以内に、申請書類を徳島市に郵送(当日消印有効)
送付先/〒770-8571 徳島市幸町2丁目5番地 徳島市にぎわい交流課 「新たな旅のスタイルTOKUSHIMACITY助成金担当」宛
問/088-621-5232(徳島市にぎわい交流課「新たな旅のスタイルTOKUSHIMACITY」助成金担当

鳴門市

子育て世帯を応援!「なるとまるごと子育て応援パッケージ」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

今年度から鳴門市では子育て世帯の定住促進のために「なるとまるごと子育て応援パッケージ」事業をスタート。住宅取得や、結婚・妊娠・出産、また、子どもの就学前から高校生相当の年代まで、子育て世代の様々なライフステージをサポートしてくれる。鳴門市在住または鳴門市への移住を検討しているファミリーは要チェックだ。詳しい内容は下のボタンから!

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

問/088-684-1563(鳴門市子ども未来創造室)

小松島市

小松島市子育て応援プロジェクト「絵本ワールド」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

弓削田健介さん、羽尻利門さん、くすのきしげのりさん、CANさん、有田奈央さん、真珠まりこさんといった人気絵本作家による読み聞かせやトークショーなど、絵本との出会いを楽しむことができるイベント。作家それぞれのブース展示やサイン会のほか、多彩なワークショップを開催。家族みんなで、たくさんの絵本とふれあおう! 入場無料。

開催日時/9月18日(日)、19日(月・祝)10:00~16:00
所/小松島市小松島町字新港9-10(サンドハウスホール周辺)
P/有(無料)
問/088-655-7331(「絵本ワールドinとくしま実行委員会」事務局)※平日9:30~17:30、土・日曜、祝日は除く

「サウンドハウスホール ミニコンサート2022」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

画像はイメージです

気軽にいろいろな音楽に触れることができる1時間程度のミニコンサート! お手ごろ価格が魅力だよ。

■1回目■
日時/7月7日(木)19:00~(開場18:30)

出演者・曲名

ピアノ/釘宮貴子
ピアノ/粟田美佐
ソプラノ/井上ゆかり
メゾソプラノ/戸邉祐子
サクソフォン/新田恭子

♪曲名
花(滝廉太郎)ほか

 


■2回目■
日時/8月29日(月)19:00~(開場18:30)

出演者・曲名

バイオリン/森基之
バイオリン/木田寿味
ビオラ/川上忠昭
チェロ/野村侑加

♪曲名
弦楽四重奏曲「皇帝」より第2楽章ほか

 

■3回目■
日時/10月6日(木)19:00~(開場18:30)

出演者・曲名

打楽器/冨土原あや
ピアノ/平賀理絵

♪曲名
赤とんぼ(山田耕作作曲)ほか

 

料/前売500円、当日700円、シリーズ券(3公演分)1,200円※小松島市民の妊婦は無料。(母子健康手帳を持参)※未就学児の入場不可。※入場制限あり。(150名)
チケット販売場所/サウンドハウスホール、小松島市役所1階総合案内、阿南市コスモホール、阿南市夢ホール、本・文具のキダブン、小山助学館本店、平惣小松島バイパス店、平惣阿南センター店、平惣徳島店(沖浜)、平惣田宮店、平惣羽ノ浦国道店
場/小松島市小松島町新港9-10
問/0885-32-3565(サウンドハウスホール)

阿波市

NEW!「阿波市食マルシェ」開催!


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

キッチンカー等飲食店26店舗、野菜や日本酒など特産品販売店9店が出店するイベントでは、この日限りの阿波市産の食材をつかった特別メニューが登場。ステージでは8組が歌やダンスを披露する。スケートボードやBMXを楽しめる区画が設けられるほか、パフォーマンスも見る事ができるよ。食欲の秋、スポーツの秋を阿波市で満喫しよう♪

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

開催日時/10月10日(月・祝)10:00~15:00
所/阿波市市場町切幡古田201-1(市場センターパーク)
料金/入場無料
P/有
問/0883-35-4211(阿波市観光協会)


詳しくはこちら



「阿波市LINE公式アカウント」開設 特産認証品PRキャンペーン


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

阿波市に関するさまざまな情報が発信される「阿波市LINE公式アカウント」が開設されたよ。現在、友だち登録で[阿波市のいいもの(特産認証品)]が当たるキャンペーンを実施中。《特産認証品》とは、「品質のこだわり」 そして「食への真摯な思い」がこもった阿波市の特色ある優れた農畜産品やそれを利用した加工品のこと。 「がんばる生産者」が作ったおいしいものを、友だち登録でゲットしよう!

応法方法

①「阿波市LINE公式アカウント」を友だち登録
②トーク画面上で「あわしのいいもの」と入力し、送信
③返信で送られてきた応募フォームにアクセスし、簡単なアンケートに回答して応募

 


応募期間/9月30日(金)まで
問/0883-36-8708(阿波市企画総務部 市政情報課)

那賀町

受講生募集! 『那賀町おもちゃ美術館(仮称)』学芸員養成講座


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

2023年春の開館される『那賀町おもちゃ美術館(仮称)』は、たくさんのおもちゃと遊びを通じて那賀町の木の魅力、文化の素晴らしさを伝える「体験型美術館」。その館内にて利用者に遊びの案内をするボランティアスタッフ「おもちゃ学芸員」を募集。下記日程で養成講座を開催するので、地域を活気づけること、子どもたちの笑顔を作ることに興味がある人は参加してみよう。

講座日程・詳細

第3期:10月1日(土)13:00~16:30、2日(日)10:00~16:30
第4期:2023年1月28日(土)13:00~16:30、29日(日)10:00~16:30
※2日間参加できる人のみ応募可能

定員/各回30名
受講料/1,000円

 

応募方法/氏名、性別、生年月日、住所、郵便番号、連絡先を下記の方法で連絡
●tel. 0884-62-1175(平日8:30~17:15)
●fax. 0884-62-1239
●mail. yasuhiro-yokota@naka.i-tokushima.jp
●郵送:〒771-5408 徳島県那賀郡那賀町吉野字弥八かへ23 番地「那賀町役場 林業振興課 おもちゃ学芸員養成講座 担当宛」

場/那賀郡那賀町吉野字弥八かへ23(那賀町林業ビジネスセンター大研修室)
問/0884-62-1175(那賀町役場林業振興課)

詳しくはコチラ




海陽町

NEW!猫の命に寄り添う活動を支援しよう!


ふるさと納税でサンゴの海を未来へ残す活動を応援しよう!「竹ヶ島海域公園魅力化プロジェクト」


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

海陽町では、無秩序に繁殖した不幸な猫を減らそうと、飼い主のいない猫のTNR活動や里親探し、動物愛護啓発活動に取り組む団体「NPO法人あまべマチ猫ネット」の活動を支援するため、ふるさと納税を活用したガバメントクラウドファンディングに挑戦中。

より多くの人が猫を取り巻く現状と課題について知るきっかけになり、また活動の輪が広がることを願い「人と猫が共生できるやさしいまち」の実現に向けて取組みを進めている。

詳細

募集期間/10月31日(月)まで
目標金額/150万円
申し込み方法/ふるさとチョイスガバメントクラウドファンディングのサイトから
寄付金の使い道/NPO法人あまべマチ猫ネットの活動への補助金として、TNR活動にかかる費用(飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用、保護した猫の治療費、ワクチン代、ミルク・餌代、里親探し・譲渡会経費等)や愛護啓発活動にかかる費用などに活用。

 

ガバメントクラウドファンディング

問/0884-73-4100(海陽町経営戦略課)




地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

海陽町の竹ヶ島周辺の海域ではサンゴの一種「エダミドリイシ」の群集が見られており、海域公園に指定されている。エダミドリイシが健全な状態で生き続けていける環境を守るため、長年にわたり増殖試験と観察、サンゴの移植、生育調査等の自然再生活動が行われている。この保全活動に継続的に取り組むため、ふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディングで寄附金を募集中だ。

詳細

募集期間/10月4日(火)まで
目標金額/100万円
寄付金の使い道/エダミドリイシの採卵、育成、移植による自然再生活動、海洋資源の研究等に活用

 

問/0884-73-4100(海陽町経営戦略課)



上板町

『WAZA CAFFE』でハロウィン♪


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

10月の『WAZA CAFFE』は、ハロウィン特別企画を開催。ハロウィン写真スポットで写真を撮影して「#WAZACAFFE」でSNSに投稿すると、その場でハロウィングッズが当たるハロウィンくじができるよ。ハロウィンくじの景品は、藍染ハロウィンコースターや藍染ハロウィンハンカチ、『WAZA CAFFE』オリジナル菓子やハロウィン玩具などなど!

さらに子ども限定で、スタッフに「トリックオアトリート」と言うとお菓子詰め合わせがもらえるよ。

『WAZA CAFFE』では、手作り生地が美味しい石窯ピザやお出汁の美味しいうどんなどを提供しているよ。みんなで遊びに行こう!

※開催期間: 10/15・10/16・10/22・10/23・10/29・10/30 (土日のみ営業)

地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

住/板野郡上板町泉谷字原東32-4(技の館内『WAZA CAFFE』)
時/土・日曜の11:00~14:30(14:00ラストオーダー)
P/有
問/088-637-6555(技の館)

 詳しくはこちら



「第8回 藍マルシェ」11月13日(日)開催


地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース9月版

藍染の染料である「蒅(すくも)生産量日本一」の上板町から、藍をもっと身近に感じてもらおうと定期開催されている「藍マルシェ」。藍以外にも、ハンドメイドの可愛い&おしゃれな作品に出会えるお店がたくさん! 欲しいモノがきっと見つかるはず。

藍染体験はもちろん、子どもと一緒に楽しめるワークショップも多数開催。キッチンカーもたくさん登場するよ。

【物販ブース】
・藍染体験(ハンカチ800円、バンダナ1,000円 のみ)※電話にて事前予約が必要、当日申込不可
・藍染小物、藍染アクセサリーなどの藍染作家さんのこだわり商品がたくさん!
・おしゃれなハンドメイドアクセサリー
・布小物、雑貨、レジンアクセサリー
・編みぐるみ、編み物雑貨
・木製品雑貨、草木染め糸、革製品
・小さなお子様と一緒に出来るワークショップ体験も
・baby&kids商品
・ハンドトリートメント&ヘッドスパ

【飲食ブース】
・もち麦うどん
・そば米汁
・おむすび屋さん
・たこ焼き
・からあげ
・キャロッツ焼き
・クリスピーチキン
・ベビーカステラ
・プリンやシフォンケーキの焼き菓子
・美味しいコーヒーやソフトドリンク
・フライドポテト
・徳島県産青果の販売

【子ども広場】
・輪投げ、射的、スーパーボールすくいなど、小さなお子様でも楽しめる子ども広場
・読み聞かせコーナーもあります

【お菓子投げ】
藍マルシェ恒例のお菓子投げは11時30分~、13時~の2回開催予定!
各回、小学生未満と小学生以上に分かれて開催するので小さな子どもでも安心。
※お菓子を入れる袋は、持参してね。

【かきじぃスタンプラリー】
上板町といえば、柿!今回は、技の館内にあるかきじぃスタンプを集めると、上板町の柿がもらえるスタンプラリーを開催。

開催日時/11月13日(日)10:00~15:00
所/板野郡上板町泉谷字原東32-4
料金/入場無料(有料のコーナーあり)
P/有
問/088-637-6555(技の館)

 詳しくはこちら



スマホへのインストールはこちらから

出産祝いにおむつ×お寿司 めぐる、ONLINE SHOP ほんね発散バラエティ そこまで言ってくれて委員会!? きりの歯科クリニック こおりクリニック 富士住設 勝瀬歯科医院

おすすめ


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース8月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース7月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース6月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース5月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース4月版


  • 地元の津々浦々を知り尽くす!とくしま市町村ニュース3月版